LINEモバイルにデメリットはある?知っておきたい注意点を解説

LINEモバイルにデメリットはある?知っておきたい注意点を解説

LINEモバイルはLINEが

展開している格安SIMですが、

料金が安い代わりに注意点もあります。

LINEモバイルのデメリットについて解説します。

スポンサーリンク

 

LINEモバイルは、混雑時に通信速度が下がりやすい

LINEモバイルは、

  • ドコモ
    au
    ソフトバンク

から広い回線帯域の一部を

借りて展開している

「格安SIM」であるため、

回線混雑時に速度が

下がりやすいデメリットがあります。

 

ただし格安SIMの中で

LINEモバイルだけが速度が

遅いのではなく、回線帯域の

一部を展開している多くの

格安SIMが同じデメリットを抱えています。

お昼や夜といった、

休憩時間・帰宅時間で

スマートフォンを使う人が

増える時間帯は、通信速度が

下がりやすいことにご注意ください。

速度が下がると、

  • 動画を見たり
  • ネットサーフィン

をしたりする際の

読み込み時間が長くなります。

スポンサーリンク

LINEモバイルには低速モードがない

 

LINEモバイルは、

楽天モバイルやIIJmioなどで

使える「低速モード」を用意していません。

低速モードでは、

速度が遅くなる=動画再生などたくさん通信量

を消費する場面では

読み込み時間が長くなる代わりに、

契約したパケットの消費を抑えられます。

低速モードを活用したい方は、

LINEモバイルだと使えないことにご注意ください。

 

LINEモバイルは料金設定がやや高め

 

LINEモバイルは、他社に比べて

若干料金設定が高めです。

主な格安SIM3社で料金を比較してみたので、ご覧ください。

 

3GB 5GB 10GB

LINEモバイル 1,690円 2,220円 3,220円

IIJmio 1,600円 2,220円(6GB) 3,260円(SIMカードを3枚まで使用可能)

楽天モバイル 1,600円(3.1GB) 2,150円 2,960円

 

見てのとおり、他社と比べて

数十円~数百円高かったり、

同額でも使えるデータ量が

少なかったりするケースがあります。

安さを重視する方は他社とも比較し、

納得の上で選びましょう。

 

まとめ

LINEモバイルは安価に使える

格安SIMのサービスですが、デメリットもあります。

デメリットもしっかり理解した上で、

申し込みを検討しましょう。

≪今週のおすすめ記事≫
1位:LINEのIDを削除したら再登録できる?できない可能性が高い
2位:LINEカメラを無音にする方法とは?無音カメラアプリでシャッター音なしで撮影が可能に!
3位:LINEの着せ替えがプレゼントできずエラーに?三つの理由がある?
4位:LINEの名前変更でグループ名を変える方法
5位:LINEは機種変更の引き継ぎのときアルバムへの保存が良い
6位:タイムラインの非表示解除の方法は?間違えてしまっても元に戻せるから安心
7位:LINEのグループに招待できない?!考えられる3つの事例
8位:LINEで絵文字が使えないのは何故!?原因と対処方法はこちら
9位:LINEの友達リストが消えた時に復元は可能?バックアップの必要性とは
10位:LINEのグループ非表示のやり方とは?簡単に設定できるがあまり役に立たないかも?

T-MAGAZINE
おすすめの記事 まだ見ていない人はどうぞ!
LINEスケジュールの時間には注意?時間管理の機能がないので詳細は連絡しておこう
LINEを再登録した場合タイムラインは前のアカウントで見られる?
LINEトークの写真を一括で保存できてトーク画面スッキリ

スポンサーリンク