LINE@は、月額料金に加えて従量課金の追加料金がかかる!

LINE@は、月額料金に加えて従量課金の追加料金がかかる!

不特定多数の相手に

メッセージを送信できる

LINE@(新名称:LINE公式アカウント)では、

月額料金に加えて従量課金での

追加料金がかかる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

LINE@の従量課金料金について解説します。

 

LINE@の料金プランは

3種類 LINE@(LINE公式アカウント)の

料金プランは、以下の3種類です。

  • フリープラン 
  • ライトプラン 
  • スタンダードプラン

フリープランは無料、

ライトプランは月額5,000円、

スタンダードプランは15,000円

となっています。

つまりLINE@は無料から使えますが、

それぞれ月ごとにメッセージを

送れる通数に上限があります。

スポンサーリンク

 

各プランによってメッセージを送れる上限があります。

 

  • フリープラン
  • ライトプラン
  • スタンダードプラン

無料でメッセージを送れる数

1,000通 15,000通 45,000通

フリープランでは、

1,000通以上のメッセージを

送ることができません。

 

上限以上メッセージを送りたい場合は、

ライトプランかスタンダードプランを契約しましょう。

 

ライトプランやスタンダードプランでは、メッセージ配信数に応じて従量課金で追加料金がかかる

 

ライトプランとスタンダードプランでは、

メッセージを上限以上送れますが、

送る際に追加料金が従量課金でかかります。

ライトプラン スタンダードプラン

追加料金 1通5円 1通最大3円

スタンダードプランでは、

1通のメッセージ送信につき

1.5~3円の追加料金がかかります。

 

100万通以上送信する際は、

問い合わせて追加料金を確認する

必要ありとなっているので、

ご注意ください。

 

まとめ

 

LINE@(LINE公式アカウント)では、

無料でメッセージを送れる数に制限があります。

ライトプランかスタンダードプランを

契約すれば、上限以上のメッセージ送信が

可能です。

ただし

ライトプランは1通5円、

スタンダードプランは1通最大3円の

従量課金による追加料金がかかることに

ご注意ください。

≪今週のおすすめ記事≫
1位:LINEのIDを削除したら再登録できる?できない可能性が高い
2位:LINEカメラを無音にする方法とは?無音カメラアプリでシャッター音なしで撮影が可能に!
3位:LINEの着せ替えがプレゼントできずエラーに?三つの理由がある?
4位:LINEの名前変更でグループ名を変える方法
5位:LINEは機種変更の引き継ぎのときアルバムへの保存が良い
6位:タイムラインの非表示解除の方法は?間違えてしまっても元に戻せるから安心
7位:LINEのグループに招待できない?!考えられる3つの事例
8位:LINEで絵文字が使えないのは何故!?原因と対処方法はこちら
9位:LINEの友達リストが消えた時に復元は可能?バックアップの必要性とは
10位:LINEのグループ非表示のやり方とは?簡単に設定できるがあまり役に立たないかも?

T-MAGAZINE
おすすめの記事 まだ見ていない人はどうぞ!
LINEがフリーズした時の治し方とは?データを溜めすぎないことが大事!
LINEカメラを無音にする方法とは?無音カメラアプリでシャッター音なしで撮影が可能に!
LINE クリスマス・サンタのスタンプは仮装し自撮りで友だちとの差別化

スポンサーリンク